2020年水瓶座新月〜獅子座満月(1/25~2/9)

頼りたくて、頼りにしてて、でも、頼りきれていない

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、蟹座満月〜水瓶座新月(1/11~1/25)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「頼らないという家族愛を終わりにする」。


同じ人のことを話しているのに、

その人に対する印象が、2人の間でまるで違う。

そう感じながらも、

いろいろ話し続けているうちに、わかったことがありました。

それは、「話しているか話せていないか」「頼んでいるか頼めていないか」ということ。

「ああ、そういうことだ」という言葉と一緒に、

あの時の「頼りたくて、頼りにしてて、でも、頼りきれていない自分」を思い出しました。

「そう。あの時の私は、実は頼ってたよね。」って思い出したんです。


「聞いてくれない」「話してくれない」「やってくれない」と感じてしまう原因は、

意外と、自分が「本当に話したいことを話せていない」とか「本当に頼みたいことを頼めていない」ということだったり、

または、

「誰か」に話してはいるのだけれど、その「誰か」というのが「本人」じゃなかったりする。


そして、そんな風に頼りにしてるのに、しっかりと頼りきれていない自分は、

たとえ誰かに「聞いて」とお願いされも、

「何かしてあげること」やとか「アドバイスすること」に心を奪われて、

「しっかりと耳を傾けること」がおろそかになっていたなぁ。


思い出した過去を振り返ってわかったことを元に、

相手にちゃんと伝わっていないと感じた時は、

相手の言葉を改めて思い出してみたり、

自分は「何を伝えていて」「何を伝えていないのか」を再確認したり、

「本当は何を伝えたかったのか?」を明確にするように心がけていた時期でした。


さて、皆さんには、

頼りたくて、頼りにしてて、でも、頼りきれていない自分を感じるような出来事はあったでしょうか?

その時、本当は何を頼りたかったのでしょう?



引き続き迎えるのは、水瓶座新月〜獅子座満月(1/25~2/9)に向かう時期です。

この時期の課題は、「話しづらいことを大事に伝える」です。


こんなことを言ったら怒るだろうなぁ

こんなことを言ったらショックだろうなぁ

こんなことを言ったら軽蔑されちゃうかなぁ

でも、やっぱり大事なこと。

そんな「話しづらいこと」を大事に伝えるのが課題です。


もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年水瓶座新月〜獅子座満月(1/25~2/9) 話しづらいことを大事に伝える

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中