蟹座新月〜山羊座満月〜蟹座新月〜水瓶座満月(2020/6/21~7/5~7/21~8/4)

経験を通して感じた喜びや痛み

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、射手座満月〜蟹座新月(6/6~6/21)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「同じ失敗を繰り返さないこと」。


慌てて決めたくなる時、急いで動きたくなる時こそ、まずは一呼吸。

同じ場所でも場所は違っていても、相手が同じでも相手が違っていても、こんな経験が以前もなかっただろうか?

と、これまでの経験を振り返る時間や、

あの時の失敗の原因はなんだったっけ?

と、考える時間を作ろう。


あることをきっかけに、しばらくお休みしていたことがあります。

それを再び始めてみたら、あの時の失敗の原因となった選択のタイミングにも再びたどり着くことになりました。

あ、この感じ、覚えてる。

力が入っている自分を感じた時、あの時の自分が、どうして力んでしまったのかを思い出しました。

そして、理由を思い出したおかげで、「今日はここまでにしよう」と止まることを選択した自分がいます。

その日の目標には届かなかったけれど、その目標に届くことが一番の目的じゃなかったなぁ。

大事なのは、そっちよりこっち。

自分にとって大事なことを再確認して、同じ失敗を繰り返さない選択をすることができました。


さて、皆さんは、どんな経験を活かして、同じ失敗を繰り返さない選択をした時間になったでしょうか?


引き続き迎えるのは、蟹座新月〜山羊座満月(6/21~7/5)に向かう時期です。

この時期の課題は、「家族で協力しよう」です。


これまでしてきた努力や協力と、今からの協力。

これまでの経験を活かして、今から選ぶのはどんな家族の協力だろう?


それから、最近スケジュールが立て込んきておりまして、どうやら7月は落ち着いてビデオを作るお時間が作れそうにありません。

そこで、7月分の2つの時期の課題も、今回まとめてお知らせいたします。


山羊座満月〜蟹座新月(7/5~7/21)の課題は、「後先を考えて行動しよう」。

そして、蟹座新月〜水瓶座満月(7/21~8/4)の課題は、「年月をかけて取り組もう」です。


結果を急いだり慌てたりせず、家族で力を合わせながら、一緒に一歩一歩進んでいこう。


もしよかったら、これらの課題を意識しながら過ごしてみてください。


■ 2020年蟹座新月〜山羊座満月〜蟹座新月〜水瓶座満月(6/21~7/5~7/21~8/4) 家族で協力しよう、後先を考えて行動しよう、年月をかけて取り組もう

2020年射手座満月〜蟹座新月(6/6~6/21)

放った言葉と戻ってきた言葉。

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、双子座新月〜射手座満月(5/23~6/6)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「言葉を大事にする」でした。


同じことを伝えるにも、人ぞれぞれの伝え方。

同じ言葉を耳にしても、人それぞれの受け止め方。

だからこそ、伝える時も耳を傾ける時も、言葉を大事にしたいものです。

それじゃあ、どんな風にしたら「言葉を大事にすること」ができるんでしょう?


あれ?その言葉、聞き覚えがある。

ある言葉を口にした時、受け入れてもらえなかった経験、反発を受けた経験があるのですが、

その言葉が、ずいぶんと時間が経って、この人から、あの人から、私に戻ってきました。

戻ってきたその言葉は、私にとって、とても嬉しくてありがたい言葉でした。

今回は、私がしっかりと受け止めました。

 

言葉、大事に伝えよう。

言葉、大事に受け取ろう。

言葉を大事にしたら、お互いの力を合わせる時がやってきた。

2020年双子座新月〜射手座満月(5/23~6/6)

前に進むために必要なこと

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、蠍座満月〜双子座新月(5/7~5/23)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「終わったことにしない」。


もう終わったこと。

そう言いながら、まだ考えていることはないでしょうか?

もう終わった。

だから、すっかり忘れていたのに、ふと思い出して再び考えていることはないでしょうか?


少し前のことになるんですが、話しにくいことを話す機会がありました。

その時は、それ以上の言葉がないほど話したので、それで完結したと思い込んでいたのですが、最近、ある会話をきっかけに、同じ話題が復活したんです。

一方的に伝えることに夢中になっても、一方的に耳を傾けることに一生懸命になっても、混ざり合うことができなかったものがあるものですね。

時間をかけていろんなことを経験したことで、今回、そのことを改めて考えることになって、伝え合って、耳を傾け合いました。

自分の言葉も、改めて耳に留まりました。

そうすることで、やっと今ひとつになり始めたものがあります。

終わっていないどころか、まだまだ始まったばかり。

なので、日常を大事にしながら、最後まで積み重ねていきたいと思います。


さて、引き続き迎えるのは、双子座新月〜射手座満月(5/23~6/6)に向かう時期です。

この時期の課題は、「言葉を大事にする」です。


話しやすいこと、話しづらいこと。

わかってるよねって思っていること、わかってるって思っていること。

ー言葉を大事に伝えよう。そして、言葉を大事に耳を傾けようー


もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年双子座新月〜射手座満月(5/23~6/6) 言葉を大事にする

2020年蠍座満月〜双子座新月(5/7~5/23)

生活のリズムとストレス

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。

まずは、牡牛座新月〜蠍座満月(4/23~5/7)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「自分のリズムを整える」。

自分変化、周りの変化。

急な変化。時間をかけた成長。

いろんな変化がある中で、日常生活のリズムだって、いつまでも同じでは疲れやすかったり、ストレスを感じるリズムになっていることがあります。

最優先にしていること。後回しにしていること。

リズムを整えるために、改めることはないでしょうか?

今回、私が心がけたのは、「やりたくないなぁと思いながらやらない」でした。

そのために、「優先順位を変えてみる」「時間帯を変えてみる」「小分けにしてみる」、それから「言葉にして協力を求め合う」をしながら、リズムを整えました。

全体的に見てみると、やってることはほとんど変わっていません。

でも、余裕が生まれて気持ちが楽になりました。

やりたいこと、続けていきたいことは、続けやすいリズムで続けていこう!

そんな新しい意欲がわいてきた時間でした。

さて、皆さんは、どんなことに、どんな変化を加えて、自分のリズムを整えた時間だったでしょうか?

引き続き迎えるのは、蠍座満月〜双子座新月(5/7~5/23)に向かう時期です。

この時期の課題は、「終わったことにしない」です。

もう終わったこと。

そう言いながら、まだ考えていることはないでしょうか?

ー終わってないのに、終わったことにするのをやめるー

もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。

■ 2020年蠍座満月〜双子座新月(5/7~5/23)終わったことにしない

2020年牡牛座新月〜蠍座満月(4/23~5/7)

今、どうしたい?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、天秤座満月〜牡牛座新月(4/8~4/23)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「やりたくないことの交換をやめる」。


「実はやりたくない」

なのに、やっていることとかやってしまうことをやめてみた時、どんな変化を感じることができたでしょうか?

なんだか気乗りしないことだったり、なんだか気乗りしない日だったりするのに、「いいよ!」って言ってしまうのはなんでだろう?

一つ一つは、小さなことかもしれない。

でも、小さなものだって、積み重ねていたら数が増えて大きくなるし、重くもなります。

私は、「今日はやめておく」という方法でこの課題に取り組みました。

なんだか気乗りしない日に伝えた「今日はやめておく」という言葉。

今日はやめておくけど、お互いの「やりたいこと」と「タイミング」が合った時には、一緒にやりましょうね!という言葉です。

素直な気持ちを伝えたことで、モヤっとしたものを残さずに、スッキリと会話を終えることができました。


さて、みなさんは、どんな方法でやりたくないことの交換をやめることができましたか?

または、どんな方法でやめることができそうですか?


引き続き迎えるのは、牡牛座新月〜蠍座満月(4/23~5/7)に向かう時期です。

この時期の課題は、「自分のリズムを整える」です。


日常という時間の過ごし方について、時間の使い方について、改めて考えてみませんか?

これを変えたら、「もっと楽になること」とか「もっとスムーズになること」はないでしょうか?

ー自分のリズムを整えるー

もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年牡牛座新月〜蠍座満月(4/23~5/7)自分のリズムを整える

2020年天秤座満月〜牡牛座新月(4/8~4/23)

自分の考えを持つこと、再確認すること

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、牡羊座新月〜天秤座満月(3/24~4/8) の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「改めて、そして再出発する」でした。


「こんな経験もあんな経験もしていたなぁ」と思い出した前回。

「やり過ぎちゃった!」「失敗しちゃった!」と思うこともないわけではありません。

でも、こんな経験もあんな経験も、自分で考えて、「それがいい」って選んで、経験したことだったと思い出すことができました。

そして、そんな経験からの学びの大きさや、何を改めればいいのかということにも気づくこともできました。

そんなこともあって、今の2週間は、様々な情報や相反する情報が行き交う中で、あっちに振り回されこっちに振り回されることのないように、

「自分の考え」「自分の選択」を持つ。

「自分の考え」「自分の選択」を再確認する。

ということを意識しながら、再出発しました。

今だけに限らず、常に「自分の考え」を持つことを大事にしたいと思います。


さて、皆さんは、

どんなことを改めて、そして再出発した時間になったでしょうか?



引き続き迎えるのは、天秤座満月〜牡牛座新月(4/8~4/23)に向かう時期です。

この時期の課題は、「やりたくないことの交換をやめる」です。


「本当はやりたくない」

なのに、やっていることを止めてみた時、どんな変化を感じるでしょうか?


もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年天秤座満月〜牡牛座新月(4/8~4/23)やりたくないことの交換をやめる

2020年牡羊座新月〜天秤座満月(3/24~4/8)

良かれと思ってやったのに

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、乙女座満月〜牡羊座新月(3/10~3/24) の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「厳しい批判をやめる」。


これまで「当たり前」だったことが、「当たり前」ではなくなった。

良かれと思ってやったのに、

「こんなことしなきゃよかった」

「あんな風にしておけばよかった」

と、自分を責めたくなる気持ちで始まったこの時期でした。


「大事なもの」だと以前からわかっていたつもり。

大事にしていたつもり。

でも、いつもそこにあったことで、いつの間にか「当たり前」と思っていたものがありました。

そして、

それが「当たり前」ではない時間を過ごしてみて、改めて「ああ、これは私の大事なもの」と実感しました。

それから、

そんな風に「私の大事なもの」をしみじみ実感した後は、少し落ち着いて考える余裕ができました。

そうしたら、

こんなことをしたことで、「やってみてよかった」っという経験もしてたよなぁって思い出したんです。

こんな経験もあんな経験もしていた私がいました。


さて、皆さんには、

「厳しい批判」をしている自分を感じるような場面はありましたか?

「厳しい批判」をやめることはできたでしょうか?



引き続き迎えるのは、牡羊座新月〜天秤座満月(3/24~4/8)に向かう時期です。

この時期の課題は、「改めて、そして再出発」です。


これまでを振り返り、

見直して、

改める。

そして再出発。


もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年牡羊座新月〜天秤座満月(3/24~4/8)改めて、そして再出発

2020年乙女座満月〜牡羊座新月(3/10~3/24)

守りきれない悲しさ、虚しさ、そしてもう限界

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、魚座新月〜乙女座満月(2/24~3/10) の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「私のやり方を大事にする」。


どうせ言っても、聞いてくれない、わかってくれない、変わらない。

私の周りでは、そんな言葉が行き交いながら始まった時間でした。

ある人が言いました。

「どうせ言っても変わらないから」

別なある人が言いました。

「言ってもわかってくれないかもしれないけれど」


そんなやりとりの中にあったのは、

どんなに大事にしたいものでも、100%守ることができない「悲しさ」や「悔しさ」。

それから、

時間的、肉体的、精神的、金銭的、、、いろんな意味で「もう限界」でした。

そんな「限界」という同じ悩みを抱えていても、愛情表現する方法は、こんなやり方を選ぶ人もいれば、あんなやり方を選ぶ人もいる。

それぞれにそれぞれの「私のやり方」を選んだ時間でした。


さて、皆さんには、

「やり方の違い」を感じるような場面はあったでしょうか?

「私のやり方」始めることはできましたか?



引き続き迎えるのは、乙女座満月〜牡羊座新月(3/10~3/24)に向かう時期です。

この時期の課題は、「厳しい批判をやめる」です。


誰かと比べると、

何かと比べると、

見えてくる違い。

その違いを、つい厳しく批判してしまう自分を終わりにする。
<P>
もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年乙女座満月〜牡羊座新月(3/10~3/24)厳しい批判をやめる

2020年魚座新月〜乙女座満月(2/24~3/10)

言われて嬉しいこと、言われて嫌なこと

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、獅子座満月〜魚座新月(2/9~2/24) の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「大丈夫じゃない時は、平気なフリをしない」。


この時期の私は、

「言われて嫌なこと」を言われてしまいました。

思わず、「そんなことはありません」と相手の言葉を否定した自分がいます。

言われる場面とか聞き方によっては、褒め言葉とも受け取れる言葉だったのに、

その時の私は、その言葉にすごく嫌な気分になって、「ありがとう」と受け取ることができませんでした。

しかも、

「私はそんなんじゃない」と否定したにも関わらず、すごく嫌な気分になって、その嫌な気分がなくならないんです。

「なんでだろう?」と考えてみたら、

大事な人からの大事なお話だって思って真剣に聞いていたのに、

「そんなに真面目に受け取らないで」って言われてしまって、

「え!どういうこと?」って、腹が立ったんだなぁと気づきました。

なので、その想いを相手の方に聞いてもらいました。

こちらの想いを伝えて、相手の方のお話をもう一度聞いて、改めて2人でやり取りした後、嫌な気分はもうそこにはありませんでした。


さて、皆さんには、

「大丈夫じゃない時に、平気なフリをしている私」を感じるような場面はあったでしょうか?

「平気じゃない」って伝えることはできたでしょうか?


引き続き迎えるのは、魚座新月〜乙女座満月(2/24~3/10)に向かう時期です。

この時期の課題は、「私のやり方を大事にする」です。


それは、ほかの人のやり方とは違うかもしれない

それは、時間のかかるやり方かもしれない

でも、

頭ごなしに「そんなのはダメだ!」と批判したり否定せず、「私のやり方」を大事にする。


もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年魚座新月〜乙女座満月(2/24~3/10) 私のやり方を大事にする

2020年獅子座満月〜魚座新月(2/9~2/24)

はっきり言ってちょうだい!

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、水瓶座新月〜獅子座満月(1/25~2/9)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「話しづらいことを大事に伝える」。


この時期、

「頼みたいなら頼みたいって、はっきり言ってくれればいいのに」

と言った自分の言葉にハッとした私がいました。

ハッとした理由は、

私にも、言いにくいこととか、頼みにくいことがある時に、つい回りくどくなってしまうところがあるなぁっと思い出したからです。

そんな風になってしまう原因は、

「遠慮」であったり「配慮のつもり」であったりするのだけれど、逆の立場になった時、正直イラっとした自分がいました。

なので、

自分が言われた時に、わかりやすくて、気持ちよく受け取れるような言葉で伝えよう。

そう心がけた時間になりました。

どんなに心がけても、なかなか上手に伝わらないこともある。

それでも、

頼みたいことがある時には、「何をお願いしたいのか」「どうしてお願いしたいのか」を明確に伝えること。

何かを頼まれた時には、自分の中で「やりたいこと」「やりたくないこと」を明確にして、

それから、相手の方に「イエス」「ノー」をしっかりと伝えること。

そんなことを意識しながら、「大事に伝える」という課題に取り組んだ時間になりました。


さて、皆さんには、

「話しづらいこと」を感じるような場面はあったでしょうか?

誰に、どんなことを伝えにくかったのでしょう?

「話しづらいことを大事に伝える私」を始めることはできたでしょうか?



引き続き迎えるのは、獅子満月〜魚座新月(2/9~2/24)に向かう時期です。

この時期の課題は、「大丈夫じゃない時は、平気なフリをしない」です。


本当は大丈夫じゃない

実は平気じゃない

それなのに、

つい、大丈夫なことにしてしまう

つい、平気な顔を見せてしまう

そんな自分を終わりにすることが課題です。
<P>
もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年蟹座満月〜水瓶座新月(1/11~1/25) 大丈夫じゃない時は、平気なフリをしない