2020年乙女座満月〜牡羊座新月(3/10~3/24)

守りきれない悲しさ、虚しさ、そしてもう限界

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、魚座新月〜乙女座満月(2/24~3/10) の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「私のやり方を大事にする」。


どうせ言っても、聞いてくれない、わかってくれない、変わらない。

私の周りでは、そんな言葉が行き交いながら始まった時間でした。

ある人が言いました。

「どうせ言っても変わらないから」

別なある人が言いました。

「言ってもわかってくれないかもしれないけれど」


そんなやりとりの中にあったのは、

どんなに大事にしたいものでも、100%守ることができない「悲しさ」や「悔しさ」。

それから、

時間的、肉体的、精神的、金銭的、、、いろんな意味で「もう限界」でした。

そんな「限界」という同じ悩みを抱えていても、愛情表現する方法は、こんなやり方を選ぶ人もいれば、あんなやり方を選ぶ人もいる。

それぞれにそれぞれの「私のやり方」を選んだ時間でした。


さて、皆さんには、

「やり方の違い」を感じるような場面はあったでしょうか?

「私のやり方」始めることはできましたか?



引き続き迎えるのは、乙女座満月〜牡羊座新月(3/10~3/24)に向かう時期です。

この時期の課題は、「厳しい批判をやめる」です。


誰かと比べると、

何かと比べると、

見えてくる違い。

その違いを、つい厳しく批判してしまう自分を終わりにする。
<P>
もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年乙女座満月〜牡羊座新月(3/10~3/24)厳しい批判をやめる

2020年魚座新月〜乙女座満月(2/24~3/10)

言われて嬉しいこと、言われて嫌なこと

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、獅子座満月〜魚座新月(2/9~2/24) の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「大丈夫じゃない時は、平気なフリをしない」。


この時期の私は、

「言われて嫌なこと」を言われてしまいました。

思わず、「そんなことはありません」と相手の言葉を否定した自分がいます。

言われる場面とか聞き方によっては、褒め言葉とも受け取れる言葉だったのに、

その時の私は、その言葉にすごく嫌な気分になって、「ありがとう」と受け取ることができませんでした。

しかも、

「私はそんなんじゃない」と否定したにも関わらず、すごく嫌な気分になって、その嫌な気分がなくならないんです。

「なんでだろう?」と考えてみたら、

大事な人からの大事なお話だって思って真剣に聞いていたのに、

「そんなに真面目に受け取らないで」って言われてしまって、

「え!どういうこと?」って、腹が立ったんだなぁと気づきました。

なので、その想いを相手の方に聞いてもらいました。

こちらの想いを伝えて、相手の方のお話をもう一度聞いて、改めて2人でやり取りした後、嫌な気分はもうそこにはありませんでした。


さて、皆さんには、

「大丈夫じゃない時に、平気なフリをしている私」を感じるような場面はあったでしょうか?

「平気じゃない」って伝えることはできたでしょうか?


引き続き迎えるのは、魚座新月〜乙女座満月(2/24~3/10)に向かう時期です。

この時期の課題は、「私のやり方を大事にする」です。


それは、ほかの人のやり方とは違うかもしれない

それは、時間のかかるやり方かもしれない

でも、

頭ごなしに「そんなのはダメだ!」と批判したり否定せず、「私のやり方」を大事にする。


もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年魚座新月〜乙女座満月(2/24~3/10) 私のやり方を大事にする