2020年蠍座満月〜双子座新月(5/7~5/23)

生活のリズムとストレス

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。

まずは、牡牛座新月〜蠍座満月(4/23~5/7)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「自分のリズムを整える」。

自分変化、周りの変化。

急な変化。時間をかけた成長。

いろんな変化がある中で、日常生活のリズムだって、いつまでも同じでは疲れやすかったり、ストレスを感じるリズムになっていることがあります。

最優先にしていること。後回しにしていること。

リズムを整えるために、改めることはないでしょうか?

今回、私が心がけたのは、「やりたくないなぁと思いながらやらない」でした。

そのために、「優先順位を変えてみる」「時間帯を変えてみる」「小分けにしてみる」、それから「言葉にして協力を求め合う」をしながら、リズムを整えました。

全体的に見てみると、やってることはほとんど変わっていません。

でも、余裕が生まれて気持ちが楽になりました。

やりたいこと、続けていきたいことは、続けやすいリズムで続けていこう!

そんな新しい意欲がわいてきた時間でした。

さて、皆さんは、どんなことに、どんな変化を加えて、自分のリズムを整えた時間だったでしょうか?

引き続き迎えるのは、蠍座満月〜双子座新月(5/7~5/23)に向かう時期です。

この時期の課題は、「終わったことにしない」です。

もう終わったこと。

そう言いながら、まだ考えていることはないでしょうか?

ー終わってないのに、終わったことにするのをやめるー

もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。

■ 2020年蠍座満月〜双子座新月(5/7~5/23)終わったことにしない

2020年牡牛座新月〜蠍座満月(4/23~5/7)

今、どうしたい?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、天秤座満月〜牡牛座新月(4/8~4/23)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「やりたくないことの交換をやめる」。


「実はやりたくない」

なのに、やっていることとかやってしまうことをやめてみた時、どんな変化を感じることができたでしょうか?

なんだか気乗りしないことだったり、なんだか気乗りしない日だったりするのに、「いいよ!」って言ってしまうのはなんでだろう?

一つ一つは、小さなことかもしれない。

でも、小さなものだって、積み重ねていたら数が増えて大きくなるし、重くもなります。

私は、「今日はやめておく」という方法でこの課題に取り組みました。

なんだか気乗りしない日に伝えた「今日はやめておく」という言葉。

今日はやめておくけど、お互いの「やりたいこと」と「タイミング」が合った時には、一緒にやりましょうね!という言葉です。

素直な気持ちを伝えたことで、モヤっとしたものを残さずに、スッキリと会話を終えることができました。


さて、みなさんは、どんな方法でやりたくないことの交換をやめることができましたか?

または、どんな方法でやめることができそうですか?


引き続き迎えるのは、牡牛座新月〜蠍座満月(4/23~5/7)に向かう時期です。

この時期の課題は、「自分のリズムを整える」です。


日常という時間の過ごし方について、時間の使い方について、改めて考えてみませんか?

これを変えたら、「もっと楽になること」とか「もっとスムーズになること」はないでしょうか?

ー自分のリズムを整えるー

もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年牡牛座新月〜蠍座満月(4/23~5/7)自分のリズムを整える

2019年牡牛座新月〜蠍座満月(5/5~5/19)

自分の口から出た言葉に、モヤモヤぐるぐるは残っていませんか?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、天秤座満月〜牡牛座新月(4/19~5/5)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「1つの正しさにこだわる自分を終わりにすること」です。

今回の課題を意識しながら毎日を過ごす中で、

会話を通して見えてきた自分と相手の違い、以前の自分と今の自分の違いがありました。

これまでYESだったものがNOになったり、これまでNOだったものがYESになった自分がいたんです。

「どうしてYESなの?」また、「どうしてNOなの?」と聞かれても、その理由がうまく言葉にならないこともありました。

ただ、「これはYES」「これはNO」と口に出した時に感じた「ああ、これが自分の素直な答え」という実感は、きちんとした理由があってYESを選んだりNOを選ぶ時よりもずっと確かな「ああ、これが自分の素直な答え」という実感でした。

皆さんは、いかがですか?

心に素直になれた後のスッキリ感、または素直になれなかった後のモヤモヤぐるぐるを実感するようなことはなかったでしょうか?



引き続き迎えるのは、牡牛座新月〜蠍座満月(5/5~5/19)に向かう時期です。

この時期の課題は、「自然体のマイペースを始めること」です。

無意識にまたはこれがベストと思って続けきたマイペースの中に、体や心の疲れを引き起こしているものはないでしょうか?

疲れを感じる時、疲れがたまっている時、どんな時間と体の使い方をしている自分がいますか?

やらなきゃいけないからやっている自分

または、やりたいのに後回しにしている自分はいないでしょうか。

「自然体のマイペースを大切にすること」

もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2019年牡牛座新月〜蠍座満月(5/5~5/19) 自然体のマイペースを始める時

 

2019年天秤座満月〜牡牛座新月(4/19~5/5)

今の自分にとって大切なもの。それは何ですか?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、牡羊座新月〜天秤座満月(4/5~4/19)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「今そこにあるものを、今大切にする自分を始めること」です。

今ここにあるものを、今大切にしよう!

そう意識する中で、「大切にしよう!」と気合いが入り過ぎている自分がいることにハッと気がつきました。

やり過ぎになっていたことで、気づいた時には自然体ではなくてガチガチに固まった不自然体の自分になっていました。

自分の体や心も、今ここにある大切なもの。

そして、これらのバランスが整っていなくては、何が大切なのか見失ってしまいますし、大切なものを大切にする元気だって出てきません。

なので、「あれ?」と思ったら、体や心の調子を確認することを心がけて、「今そこにあるものを、今大切にすること」に取り組むことに改めました。

皆さんは、いかがですか?

体の調子、心の調子、最近どんな感じだったでしょうか?



引き続き迎えるのは、天秤座満月〜牡牛座新月(4/19~5/5)に向かう時期です。

この時期の課題は、「1つの正しさにこだわる自分を終わりにすること」です。

以前の自分が正しいと信じていたことと、今の自分が正しいと思うこと。

それは、必ずしも同じではありません。

自分が正しいと思っていることと、相手が正しいと思っていること。

これもまた、必ずしもいつも同じとは限りません。

こだわってきた正しさ、こだわっている正しさ。そして、そのこだわりがあることで苦しんだり悩んだりしている自分がいるとしたら、

「1つの正しさにこだわっている自分と向き合う」。

この時期を活かして、一緒に取り組んでみてください。


■ 2019年天秤座満月〜牡牛座新月(4/19~5/5) 1つの正しさにこだわる自分を終わりにする時