牡羊座満月〜天秤座新月〜牡牛座満月と共に自分と向き合う

やめて! Oh no!

新月から満月に向かう時期を活かして始めること。

満月から新月に向かう時期を活かして終わりにすること。

月の満ち欠けの課題に取り組むことを通して、自分と向き合いやすくなれば幸いです。


それでは、いつもの通り、前の時期の課題を振り返るところから始めましょう。

今回、前の時期にあたるのは、魚座満月〜乙女座新月〜牡羊座満月(9/2~9/17~10/2)の時期です。

魚座満月〜乙女座新月の課題は、「強いこだわりを終わりにしよう」、そして、乙女座新月〜牡羊座満月の課題は、「落ち着いて判断しよう」でした。

「強いこだわりを終わりにしよう」という課題で始まった時間。

そんなことしないで!

ある時、1人が、せっかく自分が作っているものをグチャグチャにされて、「やめて!」っと叫びました。

もう1人は、せっかく楽しんでいたのに「そんなことしないで!」って言われて、「そっちこそ、邪魔しないで!」っと叫びました。

またある時は、「もう、そんなことしないで!」という側と、「そっちこそ、邪魔しないで!」という側の立場が一転しました。

またまたある時は、お互いに「まあいいか」と思えました。

同じことが起こっても、反応はいつも同じとは限りません。

グチャグチャにされたから怒ったけれど、本当はそれだけじゃない。

邪魔されたから怒ったけれど、実はそれだけじゃない。

その証拠に、「まあいいか」って思える時があるし、「ありがとう!」って感謝する時だってあるんだから。

「じゃあ、一体何が違うんだろう?」っと、落ち着いて考えてみました。

考えてみたけれど、その時は答えがわかりませんでした。

でも、なんでもない時に「ああ!」っと答えがわかった9月でした。

さて、皆さんはどんなことを通して、強いこだわりを終わりにして、落ち着いて判断することを始めた時間になったでしょうか?

引き続き迎えるのは、牡羊座満月〜天秤座新月〜牡牛座満月(10/2~10/17~10/31)に向かう時期です。

牡羊座満月〜天秤座新月の課題は、「勝ち負けへのこだわりを終わりにしよう」です。

そして、天秤座新月〜牡牛座満月の課題は、「話し合おう」です。

なんで勝ちたいんだろう?なんで負けたくないんだろう?

言いたくないけど伝えたいことはなんだろう?

勝ち負けへのこだわりを終わりにして、ちゃんと伝え合ってみよう。

もしよかったら、これらの課題を意識しながら10月を過ごしてみてください。

■ 2020年牡羊座満月〜天秤座〜牡牛座満月(10/2~10/17~10/31)勝ち負けへのこだわりを終わりにしよう、話し合おう

魚座満月〜乙女座新月〜牡羊座満月と共に自分と向き合う

一つになる Unity

自分と向き合うって?

月の満ち欠けの課題を使って、自分と向き合ってみませんか?


まずは、いつもの通り前の時期の課題を振り返るところから始めましょう。

今回、前の時期にあたるのは、水瓶座満月〜獅子座新月〜魚座満月(8/4~8/19~9/2) の時期です。

この時期の課題は、「言葉と態度の不一致を終わりにしよう、自己表現しよう」でした。

「言葉と態度の不一致を終わりにしよう」という課題で始まった時間。

できる限りゆっくりと。

そう心がけて、8月を過ごしてみました。

7月も「ゆとり」を大事にしながら過ごしていたので、その続きのようなものなのですが、できる限りゆっくりとしてみたところ、言葉と態度が一致していない時、そのことに気づきやすくなりました。

そして、不一致に気がつくことができたことで、

以前は、「受け止めること」「前向きに捉えること」を努力していたけれど、そう努力するほど「実際どう感じたか」が後回しになっていたなぁということがわかりました。

今回は「実際どう感じたか」を優先したわけなんですが、そうしたら、自然と「受け止めること」や「前向きに捉えること」の準備ができました。

想いと態度が一つになったら、いろんなことを思い出しました。

過去の経験と、今の経験を行ったり来たりしながら、自己表現や自己表現する時の気分がなんだか変化してきた。

そんな8月でした。


さて、皆さんはどんなことを通して、言葉と態度の不一致を終わりにする時間、自己表現をする時間になったでしょうか?


引き続き迎えるのは、魚座満月〜乙女座新月〜牡羊座満月(9/2~9/17~10/2)に向かう時期です。

魚座満月〜乙女座新月の課題は、「強いこだわりを終わりにしよう」です。

そして、乙女座新月〜牡羊座満月の課題は、「落ち着いて判断しよう」です。

強くこだわると、そこばっかりに気持ちを奪われて、全体が見えなくなりがちです。

だからこそ、ゆっくりと落ち着いて、、、答えを出そう。


もしよかったら、これらの課題を意識しながら過ごしてみてください。


■ 2020年魚座満月〜乙女座新月〜牡羊座新月(9/2~9/17~10/2) 強いこだわりを終わりにしよう、落ち着いて判断しよう

2019年天秤座新月〜牡羊座満月(9/29~10/14)

なんでわかってくれないんだろう?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、魚座満月〜天秤座新月(9/14~9/29)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「強過ぎるこだわりを終わりにすること」。

わかってもらえない

わかってほしい

だから、わかってもらえるまでこだわり続ける、、、。

そんな状況を、経験したり目にした時期です。


実は、少し前のことになるのですが、あることにものすごくこだわっている自分がいました。

そして今の2週間は、そんな自分が「なんでそんなことにこだわっているの?」と不思議に思う方の立場になりました。

この1,2ヶ月を通して、両方の立場を経験をしたことになります。

そしてある日、ふとあることに気がついたんです。

それは、

ああ、なんだ同じだ!

ということ。

お互いに「こだわっていること」は違うけど、大事にしたいものは同じ。


そのことがわかった途端、スーッと力が抜けました。



さて、皆さんはどうでしょう?

どんな風に強過ぎるこだわりを終わりにすることができたでしょうか?



引き続き迎えるのは、天秤座新月〜牡羊座満月(9/29~10/14)に向かう時期です。

この時期の課題は、「時間をかけて話し合う」です。

話したいこと、聞きたいこと、

慌てず、早とちりせず、時間をかけて話し合う。

もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2019年天秤座新月〜牡羊座満月(9/29~10/14) 時間をかけて話し合う

2019年魚座満月〜天秤座新月(9/14~9/29)

心変わりの原因は何だろう?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、乙女座新月〜魚座満月(8/30~9/14)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「分析し、理解を深めること」です。

あんなに意欲的だったのに、やる気が落ちる

やりたくないって思っていたのに、やろうかなっと考えている

そんな状況を目にした時期です。


私自身、最近の疲れをちゃんと癒そうと思っていたのに、ついあれこれと考えている自分、体を休めていてもちっとも休息していない自分がいると気がつきました。

「ちゃんとできなかったなぁ」「ちゃんとできてないなぁ」と思い出しては、「もっと、ちゃんとして!」とはっぱをかけているんです。

〇〇しちゃいけない。

ちゃんとしなきゃいけない。

「ちゃんとしないとダメじゃない!」と、ものすごく厳しくなっていました。


だって、ちゃんとやらないと嫌な思いをする。

だから、嫌な思いをしないために「ちゃんとしないと!」って言ってたんです。


でもよくよく考えてみたら、嫌な思いを避けるために「ちゃんとしないと!」って言ってたのに、「ちゃんとして!」って言ってる時間が、もうすでに嫌な気分でいっぱいなんです。


あれ、何してるんだろ?

もうちょっと肩の力を抜こう。

そんな気持ちにたどり着いた今です。



さて、皆さんはどうでしょう?

どんなことを分析して、理解を深めることができたでしょうか?



引き続き迎えるのは、魚座満月〜天秤座新月(9/14~9/29)に向かう時期です。

この時期の課題は、「強過ぎるこだわりを終わりにする」です。

そのこだわりがもたらしているのは、果たして喜びだろうか、それとも苦しさだろうか?

強くなり過ぎたこだわりを終わりにすること。

もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2019年魚座満月〜天秤座新月(9/14~9/29) 強過ぎるこだわりを終わりにする