蟹座新月〜山羊座満月〜蟹座新月〜水瓶座満月と共に自分と向き合う

経験を通して感じた喜びや痛み

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、射手座満月〜蟹座新月(6/6~6/21)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「同じ失敗を繰り返さないこと」。


慌てて決めたくなる時、急いで動きたくなる時こそ、まずは一呼吸。

同じ場所でも場所は違っていても、相手が同じでも相手が違っていても、こんな経験が以前もなかっただろうか?

と、これまでの経験を振り返る時間や、

あの時の失敗の原因はなんだったっけ?

と、考える時間を作ろう。


あることをきっかけに、しばらくお休みしていたことがあります。

それを再び始めてみたら、あの時の失敗の原因となった選択のタイミングにも再びたどり着くことになりました。

あ、この感じ、覚えてる。

力が入っている自分を感じた時、あの時の自分が、どうして力んでしまったのかを思い出しました。

そして、理由を思い出したおかげで、「今日はここまでにしよう」と止まることを選択した自分がいます。

その日の目標には届かなかったけれど、その目標に届くことが一番の目的じゃなかったなぁ。

大事なのは、そっちよりこっち。

自分にとって大事なことを再確認して、同じ失敗を繰り返さない選択をすることができました。


さて、皆さんは、どんな経験を活かして、同じ失敗を繰り返さない選択をした時間になったでしょうか?


引き続き迎えるのは、蟹座新月〜山羊座満月(6/21~7/5)に向かう時期です。

この時期の課題は、「家族で協力しよう」です。


これまでしてきた努力や協力と、今からの協力。

これまでの経験を活かして、今から選ぶのはどんな家族の協力だろう?


それから、最近スケジュールが立て込んきておりまして、どうやら7月は落ち着いてビデオを作るお時間が作れそうにありません。

そこで、7月分の2つの時期の課題も、今回まとめてお知らせいたします。


山羊座満月〜蟹座新月(7/5~7/21)の課題は、「後先を考えて行動しよう」。

そして、蟹座新月〜水瓶座満月(7/21~8/4)の課題は、「年月をかけて取り組もう」です。


結果を急いだり慌てたりせず、家族で力を合わせながら、一緒に一歩一歩進んでいこう。


もしよかったら、これらの課題を意識しながら過ごしてみてください。


■ 2020年蟹座新月〜山羊座満月〜蟹座新月〜水瓶座満月(6/21~7/5~7/21~8/4) 家族で協力しよう、後先を考えて行動しよう、年月をかけて取り組もう

2020年射手座満月〜蟹座新月(6/6~6/21)

放った言葉と戻ってきた言葉。

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、双子座新月〜射手座満月(5/23~6/6)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「言葉を大事にする」でした。


同じことを伝えるにも、人ぞれぞれの伝え方。

同じ言葉を耳にしても、人それぞれの受け止め方。

だからこそ、伝える時も耳を傾ける時も、言葉を大事にしたいものです。

それじゃあ、どんな風にしたら「言葉を大事にすること」ができるんでしょう?


あれ?その言葉、聞き覚えがある。

ある言葉を口にした時、受け入れてもらえなかった経験、反発を受けた経験があるのですが、

その言葉が、ずいぶんと時間が経って、この人から、あの人から、私に戻ってきました。

戻ってきたその言葉は、私にとって、とても嬉しくてありがたい言葉でした。

今回は、私がしっかりと受け止めました。

言葉、大事に伝えよう。

言葉、大事に受け取ろう。

言葉を大事にしたら、お互いの力を合わせる時がやってきた。

そんな風に実感できた時間になりました。


皆さんは、この時期を使って、どんなことを伝えたり、どんな風に伝えたり、どんなことを受け止めたり、どんな風に受け止めて、言葉を大事にしましたか?


さて、引き続き迎えるのは、射手座満月〜蟹座新月(6/6~6/21)に向かう時期です。

この時期の課題は、「同じ失敗を繰り返さないこと」です。

同じ失敗を繰り返さないために、これまでの経験を活かそう。

それが課題です。

もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2020年射手座満月〜蟹座新月(6/6~6/21) 同じ失敗を繰り返さないこと


2019年射手座満月〜蟹座新月 (6/17~7/3)

日常、どんな言葉を使っていますか?その言葉を選んだのは、どうしてでしょう?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、双子座新月〜射手座満月(6/3~6/17)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「言葉を大切にする自分を始めること」です。

この課題に取り組むに当たって、今ここにある人間関係について振り返っていた自分がいます。

簡単にまとめるとこんな感じです。

最初のうちは、挨拶を交わすこともなかった人が、何度か顔を合わせているうちに挨拶をするようになって、

それがただの挨拶から、少しずつ会話を交わすようになったという関係があります。

時には、顔を合わせるだけだった関係が、偶然にも大きな輪の中で再会することによって、言葉を交わすようになった関係もあります。

そんな大きな輪の中では、最初から会話が生まれた相手もいれば、何度か顔を合わせるうちにやっと会話するようになった相手もいます。

でもいずれにしても、大きな輪の外でバッタリ出くわした時でさえ、挨拶したり会話ができるような関係に変化していました。

もちろん、未だに顔は知っていてもお話をすることのない相手もいます。

そう考えてみると、今ここにある人間関係をスタートさせるため、また育てるために「言葉」はとても大切なものだったことがわかります。

もちろん、時々言葉が足りなかったり多過ぎたりで、いつも順調とは行きませんが、

そんな変化のある関係だからこそ、その時その時の自分に正直に「言葉を大切にすること」を心がけたいと意識した時間です。



皆さんは、いかがでしょうか?

どんな風に言葉を大切にしている自分が見えたでしょうか?



引き続き迎えるのは、射手座満月〜蟹座新月(6/17~7/3)に向かう時期です。

この時期の課題は、「勝ち負けへのこだわりを終わりにすること」です。

どんな時に負けず嫌いの自分が顔を出しますか?

そんな負けず嫌いの自分から、何が見えてくるでしょうか?

もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2019年射手座満月〜蟹座新月(6/17~7/3) 勝ち負けへのこだわりを終わりにすること時