2018年牡牛座満月〜蠍座新月 (10.25~11.8)

何にこだわっているのですか?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、天秤座新月から牡牛座満月(10/9~10/25)を振り返ってみましょう。

この時期は、自分から相談すること、自分からお願いすることを始めるタイミングです。

私にとっては、人に相談したりお願いしたことによって、

9/24~10/9の牡羊座満月から天秤座新月の課題「1人で抱え込む自分を終わりにすること」について、

私が「何を1人で抱え込んでいて」「それを誰と分かち合いたいのか」、相手が「何を1人で抱え込んでいて」「それを誰と分かち合いたいのか」が、さらに明確になったものがあります。

「それらを、お互いにどう分かち合うか?」については、残りの牡牛座満月までの期間とそれ以降の時間を通して、1つ1つ相談しながら一緒に決めていきます。



そして次に迎えるのは、牡牛座満月から蠍座新月 (10.25~11.8)に向かう時期です。

この時期の課題は「自分の中にある必要のないこだわり」を終わらせること。

あの人のこだわりに、イライラモヤモヤしやすい時期です。 

そんなイライラモヤモヤをきっかけに、「そんな自分は、いったい何にこだわっているんだろう?」とじっくり向き合ってくださいね。


■ 2018年牡牛座満月〜蠍座新月 自分の中にある必要のないこだわりを終わりにする時。

 

2018年天秤座新月〜牡牛座満月 (10.9~10.25)

ちゃんと相談していますか?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。

まずは、牡羊座満月から天秤座新月(9/24~10/9)を振り返ってみましょう。

この時期は、1人で抱え込む自分を終わりにするタイミングです。

私にとっては、イライラや違和感を通して、「やらない」「今はやらない」「できない」「今はできない」を1つ1つ自分自身に確認しながら、その想いを相手に伝えることに努めている時間です。

実は、まだ自分自身に再確認中のものもあります。

慌てて答えを出そうとしたりせずに、素直な答えが明確になるまで自己確認を続けていきます。



そんな時間から続くのは、天秤座新月〜牡牛座満月 (10.9~10.25)に向かう時期です。

この時期の課題は「頼みごとやお願いごとを、言葉にして相手に伝える自分」を始めること。

誰かがやってくれないかなぁ、あの人がやってくれないかなぁっと期待して待ってしまう自分、待ちながらイライラしている自分と向き合う時間です。


■ 2018年天秤座新月〜 牡牛座満月(10.9~10.25) 相手にちゃんと相談する自分始める時