自分と向き合う 魚座満月〜天秤座新月〜牡羊座満月

急なお願い

新月から満月に向かう時期を活かして始めよう。満月から新月に向かう時期を活かして終わりにしよう。

月の満ち欠けの課題を通して、自分と向き合ってみませんか?

まずは、前の時期の課題を振り返ってみましょう。

今回、前の時期にあたるのは、水瓶座満月2〜乙女座新月〜魚座満月に向かう時期 (8/22~9/7~9/21)です。

水瓶座満月2〜乙女座新月の課題は、「やっぱり責めるのをやめてみよう」、

そして、乙女座新月〜魚座満月の課題は、「分解して理解を深めてみよう」でした。

9月。まだまだ責めてしまう自分に気づくような場面はあったでしょうか?

急な頼まれごとがあった9月でした。

次の週だったら無理だったけれど、たまたまその週のその日は大丈夫だったので引き受けることにしました。

普段一人でやることを力を合わせてやっている時、ある方が言いました。

「あれ?私とやり方が違う!私はこうやってやるのよ」って。

やっているのを見てみると、おんなじように見えて確かに1つ2つ順番が違うことに気がつきました。

そして、たった1つ2つ順番が違うだけなのに、仕上がりに格段の違いがあったんです。

思わず「もし時間があるんだったら私にレッスンして!」ってお願いしている自分がいました。

「いいよ!いいよ!」っと快く引き受けてくれたので、その場でレッスン開始です。

その方がやっているのを横で見ながら、見様見真似でやってみました。

「ああ、なるほど!そうか、そうことなんだ!」と、違いが生まれる理由も実際にやってみて理解できました。

助け舟になるはずが、助け舟をいただいた9月のある日の出来事でした。

みなさんは、どんな自分と向き合っていた9月でしょうか?

それでは、引き続き迎える魚座満月〜天秤座新月〜牡羊座満月に向かう時期 (9/21~10/6~10/20)ですが、この時期の課題は、

魚座満月〜天秤座新月の課題が、「自分流にこだわるのをやめてみよう」、

それから、天秤座新月〜牡羊座満月の課題が、「交渉してみよう」になります。

これらの課題を通して、10月はどんな自分と向き合うことになるでしょうね。

それでは、これらの課題を心のどこかにおいて1ヶ月を過ごしてみてください。

■魚座満月〜天秤座新月〜牡羊座満月に向かう時期 (9/21~10/6~10/20) 自分流にこだわるのをやめてみよう、交渉してみよう

月の勉強会

お勉強会  2016年11月新月と満月の
エネルギーの使い方.png

月の勉強会

星たちの中で、一番地球の近くに存在し、唯一、地球の周りを回っている月。

その月の満ち欠けの課題を通して、自分と向き合ってみませんか?


連載しているYouTubeビデオやブログでは、

●新月から満月に向かう時期にスタートさせること

●そして、満月から新月に向かう時期に終わりにすること

流れやタイミングを活かした課題についてお話しています。


月の勉強会では、実際に課題に取り組んでみたらぶつかった難所、わいてきた質問などをお聞きしながら、

ご自身の課題がより明確になるよう、自分と向き合いやすくなるようお手伝いさせていただきます。


月の課題に取り組むことによって、

●しっかりと自分と向き合い、胸の内を知り、今必要なことを始め、必要のないことを終わりにする私

●夫婦関係や親子関係などの大切な人間関係においては、「大事なことを話し合える関係」「協力し合う関係」を大切にする私

を育て、

●それに伴う変化や違い

を実感し、心穏やかになっていただけたら幸いです。

*参加費

1回につき$25(1.5時間〜2時間)

*以前のようなグループ分けはをせず、参加者数に関わらず全員の方に同じ日に集まっていただきますことを、あらかじめご了承ください。

参加希望をいただいたのち、ペイパルよりご請求書をお送りいたします。手数料3%加えてのご請求になりますことを、あらかじめご了承ください。

月の勉強会を受けていただくにあたり

●こちらは、Zoomを使ったオンライン勉強会です。

●参加のお申し込みは、ページ下のフォームよりお知らせください。お申し込みの前にご質問がある方も、下のフォームよりお問い合わせください。

お申し込み、およびお問い合わせフォーム



*お返事は、iyashinokokoro@gmail.comよりお届けします。『届かない』または『迷惑メール等に振り分けられてしまう』などのトラブルを防ぐために、あらかじめ私のメルアドの登録をしておいてください。特に、携帯のメルアドをご使用の方は、セキュリティーの設定等の理由でお送りしているのに受け取りができなくなっていることがありますので、ご協力お願いいたします。

個人セッション

sunset-691848_1920

個人セッション

自分と向き合う占星術

夫婦関係、親子関係などの大切な家族との関係。

そんな大切な人間関係や日常生活に感じる不安、不満、罪悪感、迷い。

つい無理をして、我慢をして、がんばり過ぎてしまう自分はいませんか?

言えない、聞いてくれない、話してくれない、わかってくれない、伝わらない。

その結果、どんな気持ちで、どんなことをしながら、どんな毎日を過ごしていることでしょう?


想像してみてください。

現状が変わって、伝え合える関係、理解し合える関係になれたら、、、

どんな気持ちで毎日を過ごせることでしょう。


変わりたいのに変われない。変わってほしいのに変わらない。現状に変化を起こしたい。そんなあなたのためのZoom、Skype、Messengerを使ったオンラインセッションです。

ご希望の方は、下記のフォームよりお申し込みください。


★こんな方にオススメです。

◉自分がわからなくなってしまった方:何がしたいのかわからない。どうしたらいいのかわからないなど。

◉夫婦関係、親子関係などの大切な人間関係に腹立たしさ、不安、寂しさを抱え、心が重くなっていらっしゃる方、心軽くなりたい方


個人セッションを受けていただくにあたり

●こちらは、Zoom, Skype, Messengerなどを使ったオンラインセッションです。

●初めてのお申し込みの方は、ページ下のフォームより「個人セッション希望」とお知らせください。

*ご予約の日時につきましては、メッセージのやりとりを通して一緒に決めましょう。


セッション料金

個人セッション料金:1セッションにつき$75.00(1.5時間)

ご予約日が決まりましたら、ペイパルよりご請求書をお送りいたします。手数料3%加えてのご請求になりますことを、あらかじめご了承ください。


お申し込み、およびお問い合わせフォーム



*お返事は、iyashinokokoro@gmail.comよりお届けします。『届かない』または『迷惑メール等に振り分けられてしまう』などのトラブルを防ぐために、あらかじめ私のメルアドのご登録をよろしくお願いいたします。特に、携帯のメルアドをご使用の方は、セキュリティーの設定等の理由でお送りしているのに受け取りができなくなっていることがあります。お手数をおかけしますが、ご協力お願いいたします。

自分と向き合う 水瓶座満月2〜乙女座新月〜魚座満月

笑顔でありがとう!

新月から満月に向かう時期を活かして始めよう。満月から新月に向かう時期を活かして終わりにしよう。

月の満ち欠けの課題を通して、自分と向き合ってみませんか?

まずは、前の時期の課題を振り返ってみましょう。

今回、前の時期にあたるのは、水瓶座満月〜獅子座新月〜水瓶座満月2に向かう時期 (7/24~8/8~8/22)です。

水瓶座満月〜獅子座新月の課題は、「責めるのをやめてみよう」、

そして、獅子座新月〜水瓶座満月2の課題は、「自分の言葉で表現してみよう」でした。

8月。つい責めてしまう自分に気づくような場面はあったでしょうか?

意外なことで「ありがとう!」って言われて、「背伸びなんかしなくていいんだ」「今日無理なくできることを丁寧にやろうよ!」と心がけていた中で、

気づかないうちに、つい責めては背伸びをしようとしている自分に気づく場面がありました。

「背伸びなんかしなくていいんだ」「今日無理なくできることを丁寧にやろうよ!」

気づいては改める。気づいては改める。

そんな日々になったんですが、背伸びをやめて時間を忘れてあることに取り組んでいたら、満面の笑顔で「ありがとう!」って言われたんです。

「え?時間を忘れて、ただただ最高の時間を過ごしていただけなのに、こんなに喜んでもらえた!」

「やっぱり背伸びなんかしなくていいんだ」「今日無理なくできることを丁寧にやろう!」って、声をかけ続けた8月になりました。

みなさんは、どんな自分と向き合っていた8月でしょうか?

それでは、引き続き迎える水瓶座満月2〜乙女座新月〜魚座満月に向かう時期 (8/22~9/7~9/21)ですが、この時期の課題は、

水瓶座満月2〜乙女座新月の課題が、「やっぱり責めるのをやめてみよう」、

それから、乙女座新月〜魚座満月の課題が、「分解して理解を深めてみよう」になります。

これらの課題を通して、9月はどんな自分と向き合うことになるでしょうね。

それでは、これらの課題を心のどこかにおいて1ヶ月を過ごしてみてください。

■水瓶座満月2〜乙女座新月〜魚座満月に向かう時期 (8/22~9/7~9/21) やっぱり責めるのをやめてみよう、分解して理解を深めてみよう

自分と向き合う 水瓶座満月〜獅子座新月〜水瓶座満月2

張り切ってみたけど

新月から満月に向かう時期を活かして始めよう。満月から新月に向かう時期を活かして終わりにしよう。

月の満ち欠けの課題を通して、自分と向き合ってみませんか?

まずは、前の時期の課題を振り返ってみましょう。

今回、前の時期にあたるのは、山羊座満月〜蟹座新月〜水瓶座満月に向かう時期 (6/25~7/10~7/24)です。

山羊座満月〜蟹座新月の課題は、「勢いに任せて行動するのをやめてみよう」、

そして、蟹座新月〜水瓶座満月の課題は、「時間をかけて取り組んでみよう」でした。

7月。勢いづいた自分に気づくような場面はあったでしょうか?

「ありがとう!」と言う言葉が溢れた6月の後、「感謝の気持ちを表現したい」「私もがんばろう!」って張り切って、

「これくらいなら私にもできる」って、引き受けたことがありました。

でも、やってみて3回目に、「これは、ちょっときついなぁ」って感じていることに気がついたんです。

「このまま続けるとしたら、、、ああ、無理無理!」って言ってる自分がいました。

「どうしよう、、、」って、ちょっと悩みました。

「今さらかっこ悪いなぁ」っとも思いました。

でも、「やってみたんけど、今の私には無理があるみたい。これ以上は続けられません。」って正直に打ち明けてみたんです。

どんな言葉が返ってきたと思います?

返ってきた言葉は、「正直に話してくれてありがとう」でした。

「背伸びなんてしないで、今日無理なくできることを丁寧にやろう!」って思った7月です。

みなさんは、どんな自分と向き合っていた7月でしょうか?

それでは、引き続き迎える水瓶座満月〜獅子座新月〜水瓶座満月2に向かう時期 (7/24~8/8~8/22)ですが、

水瓶座満月〜獅子座新月の課題は、「責めるのをやめてみよう」、

それから、獅子座新月〜水瓶座満月2の課題は、「自分の言葉で表現してみよう」です。

これらの課題を通して、8月はどんな自分と向き合うことになるでしょうね。

それでは、これらの課題を心のどこかにおいて1ヶ月を過ごしてみてください。

■水瓶座満月〜獅子座新月〜水瓶座満月2に向かう時期 (7/24~8/8~8/22)責めるのをやめてみよう、自分の言葉で表現してみよう

自分と向き合う 山羊座満月〜蟹座新月〜水瓶座満月

ありがとう。

新月から満月に向かう時期を活かして始めよう。満月から新月に向かう時期を活かして終わりにしよう。

月の満ち欠けの課題を通して、自分と向き合ってみませんか?

まずは、前の時期の課題を振り返ってみましょう。

今回、前の時期にあたるのは、射手座満月〜双子座新月〜山羊座満月に向かう時期 (5/26~6/10~6/25)です。

射手座満月〜双子座新月の課題は、「同じ失敗を繰り返さないようにしよう」、

そして、双子座新月〜山羊座満月の課題は、「言葉にして伝えよう」でした。

6月。どんな想いに溢れ、どんな言葉で表現した月になったでしょうか?

ありがとう!私は、この言葉につきます。

何にも言わずに、そっとやってくれてたこと。

何か手伝ってほしいことはない?って、声をかけてくれたこと。

そして、手を貸してくれたこと。

あなたがいない日に感じた大きな違い。

重ね重ね、ありがとう。

「すみません」「申し訳ない」じゃなくて、「ありがとう」という言葉が溢れ出た6月でした。

さて、みなさんは、どんな自分と向き合っていたでしょうか?

それでは、引き続き迎える山羊座満月〜蟹座新月〜水瓶座満月に向かう時期 (6/25~7/10~7/24)ですが、

山羊座満月〜蟹座新月の課題は、「勢いに任せて行動するのをやめてみよう」、

それから、蟹座新月〜水瓶座満月の課題は、「時間をかけて取り組んでみよう」です。

これらの課題を通して、7月はどんな自分と向き合うことになるでしょうね。

それでは、これらの課題を心のどこかにおいて1ヶ月を過ごしてみてください。

■山羊座満月〜蟹座新月〜水瓶座満月に向かう時期 (6/25~7/10~7/24)勢いに任せて行動するのをやめてみよう、時間をかけて取り組んでみよう

自分と向き合う 獅子座満月〜水瓶座新月〜乙女座満月

多種多様。こんなことでぶつかってみたり、あんなことでぶつかってみたり

新月から満月に向かう時期を活かして始めること。

満月から新月に向かう時期を活かして終わりにすること。

月の満ち欠けの課題を通して、自分と向き合いやすくなれば幸いです。


それでは、いつもの通り前の時期の課題を振り返るところから始めましょう。

今回、前の時期にあたるのは、双子座満月〜射手座新月〜蟹座満月〜山羊座新月〜獅子座満月(11/30~12/15~12/30~1/13~1/29)の時期です。

双子座満月〜射手座新月の課題は、「人と比べるのをやめよう」です。

そして、射手座新月〜蟹座満月の課題は、「自分の考えを大事にしよう」です。

蟹座満月〜山羊座新月の課題は、「ひとりでがんばるのをやめよう」です。

そして、山羊座新月〜獅子座満月の課題は、「お互いの力を合わせよう」です。

我が家には、家族で大事にしているものがあります。

ただ大事にしているとは言っても、大事にする方法は、みんなで同じ時もあれば、それぞれやり方が違う時もあります。

ぱっと見、みんながバラバラな方向を向いているように感じてしまうこともあります。

もちろん、みんなで同じ方向を向いているっと実感するもあります。

多数派と少数派に分かれることもあります。

その時その時で、組み合わせも変化します。

そんな風に、同じになってみたり違ってみたり、組み合わせが変わったりする中で、笑いがあふれることもあれば、鋭く大きな声がぶつかり合うこともあれば、温かく柔らかな声に包まれることもある毎日です。

そして、そう言う時間を毎日積み重ねてきた結果が、今ここにあります。

ひとりでは、どんなにがんばってもたどり着けないところにたどり着きました。

その結果、

こんなことでぶつかってみたり、あんなことでぶつかってみたりで、決してスムーズとは言えないけれど、

楽しい時はその楽しさを、苦しい時はその苦しさを、味わいそして分かち合いながら年末年始を過ごしました。

さて、皆さんは、どんなことを通して、今回の4つの課題に取り組んだ年末年始だったでしょうか?

引き続き迎えるのは、獅子座満月〜水瓶座新月〜乙女座満月(1/29〜2/12~2/27)に向かう時期です。

獅子座満月〜水瓶座新月の課題は、「無理な約束はやめよう」です。

そして、水瓶座新月〜乙女座満月の課題は、「柔軟に受け止めよう」です。

無理をすれば、いろんなところに負担がかかります。

負担が大きくなれば、疲れるし、焦るし、そうなると、心は奪われて、大事なことを忘れてしまいがちです。

だからこそ、無理な約束をしない、柔軟に受け止める。

そんなことを意識しながら、2月を過ごしてみませんか?

■獅子座満月〜水瓶座新月〜乙女座満月(1/29~2/12~2/27)無理な約束はやめよう、柔軟に受け止めよう

2019年牡牛座新月〜蠍座満月(5/5~5/19)

自分の口から出た言葉に、モヤモヤぐるぐるは残っていませんか?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、天秤座満月〜牡牛座新月(4/19~5/5)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「1つの正しさにこだわる自分を終わりにすること」です。

今回の課題を意識しながら毎日を過ごす中で、

会話を通して見えてきた自分と相手の違い、以前の自分と今の自分の違いがありました。

これまでYESだったものがNOになったり、これまでNOだったものがYESになった自分がいたんです。

「どうしてYESなの?」また、「どうしてNOなの?」と聞かれても、その理由がうまく言葉にならないこともありました。

ただ、「これはYES」「これはNO」と口に出した時に感じた「ああ、これが自分の素直な答え」という実感は、きちんとした理由があってYESを選んだりNOを選ぶ時よりもずっと確かな「ああ、これが自分の素直な答え」という実感でした。

皆さんは、いかがですか?

心に素直になれた後のスッキリ感、または素直になれなかった後のモヤモヤぐるぐるを実感するようなことはなかったでしょうか?



引き続き迎えるのは、牡牛座新月〜蠍座満月(5/5~5/19)に向かう時期です。

この時期の課題は、「自然体のマイペースを始めること」です。

無意識にまたはこれがベストと思って続けきたマイペースの中に、体や心の疲れを引き起こしているものはないでしょうか?

疲れを感じる時、疲れがたまっている時、どんな時間と体の使い方をしている自分がいますか?

やらなきゃいけないからやっている自分

または、やりたいのに後回しにしている自分はいないでしょうか。

「自然体のマイペースを大切にすること」

もしよかったら、一緒に取り組んでみてください。


■ 2019年牡牛座新月〜蠍座満月(5/5~5/19) 自然体のマイペースを始める時

 

2019年天秤座満月〜牡牛座新月(4/19~5/5)

今の自分にとって大切なもの。それは何ですか?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、牡羊座新月〜天秤座満月(4/5~4/19)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「今そこにあるものを、今大切にする自分を始めること」です。

今ここにあるものを、今大切にしよう!

そう意識する中で、「大切にしよう!」と気合いが入り過ぎている自分がいることにハッと気がつきました。

やり過ぎになっていたことで、気づいた時には自然体ではなくてガチガチに固まった不自然体の自分になっていました。

自分の体や心も、今ここにある大切なもの。

そして、これらのバランスが整っていなくては、何が大切なのか見失ってしまいますし、大切なものを大切にする元気だって出てきません。

なので、「あれ?」と思ったら、体や心の調子を確認することを心がけて、「今そこにあるものを、今大切にすること」に取り組むことに改めました。

皆さんは、いかがですか?

体の調子、心の調子、最近どんな感じだったでしょうか?



引き続き迎えるのは、天秤座満月〜牡牛座新月(4/19~5/5)に向かう時期です。

この時期の課題は、「1つの正しさにこだわる自分を終わりにすること」です。

以前の自分が正しいと信じていたことと、今の自分が正しいと思うこと。

それは、必ずしも同じではありません。

自分が正しいと思っていることと、相手が正しいと思っていること。

これもまた、必ずしもいつも同じとは限りません。

こだわってきた正しさ、こだわっている正しさ。そして、そのこだわりがあることで苦しんだり悩んだりしている自分がいるとしたら、

「1つの正しさにこだわっている自分と向き合う」。

この時期を活かして、一緒に取り組んでみてください。


■ 2019年天秤座満月〜牡牛座新月(4/19~5/5) 1つの正しさにこだわる自分を終わりにする時

 

2019年牡羊座新月〜天秤座満月(4/5~4/19)

変化は突然やってくると感じたものはありませんか?

月の満ち欠けと共に自分と向き合う。


まずは、天秤座満月〜牡羊座新月(3/21~4/5)の課題を振り返ってみましょう。

この時期の課題は、「手に入っていないものや離れていくものを嘆いてしまう自分を終わりにすること」です。

この課題を意識して過ごす中で、手に入っていないものや離れていくものを嘆いている自分がいることを痛感しています。

欲しかったものが手に入り、いつの間にかそれがあって当たり前になっていました。

でも、変わらないと思っていたものは見えないところでしっかりと変化と成長を積み重ね、今離れていこうとしているものや形を変えようとしているものがいくつかあります。

嘆いても仕方ないとわかっていても、キュッと力が入ります。

まだまだ手放したくないと思ってしまう自分や、「変わらないで」と思ってしまう自分がいることを否定できません。

ただ、一旦そんな自分がいることを認めてみると、当たり前になっていたけれど本当にありがたいものだったんだということや、実はそれを楽しんでいた自分がいることを、しみじみと実感することができます。

もちろん、それがあることで苦しい思いをした時期もありますが、今となっては懐かしい思い出。

振り返りながら、とても温かな気持ちになり、力が緩んでいきます。

皆さんは、いかがでしょうか?

目の届かないところで、変化していたものや成長していたものを感じるような出来事はなかったでしょうか?



引き続き迎えるのは、牡羊座新月〜天秤座満月(4/5~4/19)に向かう時期です。

この時期の課題は、「今そこにあるものを、今大切にする自分を始めること」です。

「いつも変わらずそこにある」

そう思わせるほど当たり前になっているものも、以前は「これが欲しい」と夢に描いていたものだったりしませんか?

「これからも変わらずそこにある」

本当にそうでしょうか?

今その状態でそこにあるからできることを、今という時間を使って大切にする

是非、一緒に取り組んでみてください。


■ 2019年牡羊座新月〜天秤座満月(4/5~4/19) 今そこにあるものを、今大切にする自分を始める時